宮城で新築一戸建てを購入する際の支払い

宮城で新築一戸建てを買うと決めたら、まずは確認しておきたいのは、いつ、どのような用途のお金の支払が必要になるか。

新築一戸建ての予算を決めるときには、ざっくりとこのくらいの金額を、このくらいの期間のローンにしよう、頭金をどのくらい準備しようと頭の中で計算しますよね。

パートナーや家族、銀行や金融機関などでも、あれこれ試算してみるでしょう。

しかしいざ購入となったら、支払がその時からスタートしますから、もう少し具体的に考えないとトラブルのもとです。

まず、購入を決めたらその時には、申し込み証拠金と言われるお金を支払うことになります。

同時に、契約を行う時には手付金を請求されることになります。

申し込み証拠金は物件によって、5万円から10万円程度の金額が必要です。

手付金は購買価格の5%から10%くらいは覚悟することになります。

例えば大和町の新築一戸建ての物件は2000万から3000万のものが大体のようですが、その価格の5%から10%くらい、ということになります。

その後は段階的に支払が発生し、ローンを契約するときには契約印紙のコストを払います。

残金決済の時には先に支払った手付金を総額からマイナスした価格を支払いますし、この際には購入諸費用と言われるコストを精算します。

宮城の新築一戸建ての諸費用は全体の6%から10%くらいが目安になっています。

引越しをする日を決めて、引っ越しの手続きをします。

引越しのための費用や、広い家に移る際にかかる新しい家具や家電の費用もきちんと考えておきましょう。

出費がかさみがちです。

引越して半年くらいしたら、不動産所得税がかかるケースもあります。

確認して少し予算をたてておくとあわてずに済みます。

その後は、新築一戸建て購入で組んだ住宅ローンの返済が始まります。

税金、メンテナンスなどにかかる費用もあります。

計画的に準備が必要です。